火山

小笠原諸島の西之島が約1年半ぶりに噴火

 気象庁は20日、小笠原諸島の西之島で噴火が発生したと明らかにした。西之島では2015年11月を最後に火山活動が沈静化していたが、気象衛星ひまわりが昨夜、島付近でまわりより温度が高い領域を確認していた。

 

 気象庁は、西之島の警戒レベルを「活火山であることに留意」から「火口周辺警報」に引き上げた。

 あなたにオススメの記事