宇宙

来たぞ!接近中の小惑星 兵庫県の西はりま天文台が撮影に成功

 兵庫県立大学天文科学センターは19日、西はりま天文台の望遠鏡を使って、地球から約180万キロの距離まで最接近した小惑星「2014 JO25」の撮影に成功した。

 

 小惑星「2014 JO25」は、二つの岩石が衝突してくっついた落花生のような形が特徴で、約5時間に1度の周期で回転している。最も長い部分は約650メートルと東京スカイツリーの高さ(634メートル)を優に上回る。

 

 地球から180万キロの距離まで接近するのは400年ぶりで、次に最接近するのは500年後だというからオドロキだ。

 

 地球への最接近は、19日午後9時25分ごろだと推定され、その後は次第に遠ざかっていく。西はりま天文台の観測チームはなゆた望遠鏡の覗き口にデジタルカメラを取り付けて撮影した午後7時15分ごろと、最接近直後の午後9時20分ごろの画像を公開した。

 あなたにオススメの記事