テクノロジー

世界初!空飛ぶ球体ディスプレイ 360度どこからでも映像が見える!ドコモ開発

 NTTドコモは、ドローンの周囲にLEDを球状に並べて高速回転させることで、空を飛びながら映像を映す世界初の球体ディスプレイを開発した。コンサートやライブ会場で空中を飛び回りながら360度どこからでも見られるアドバルーンのような広告に活用できるとして注目されている。

 

 ドローン本体をディスプレイで覆うことはこれまでも考えられてきたが、プロペラによる空気の流れをディスプレイが遮断したり、重量負担が大きくなるなどの問題があった。

 

 そこで、開発グループはサッカーボールのように組んだフレームにLEDを取り付けて、高速回転させることでLEDの残像がスクリーンになる技術を応用して球形ディスプレイを開発。

 

 本体の直径は約88センチ、重さ3.4キロで、ディスプレイの自転速度は1秒間に3周。スタジアムやコンサートホールなどのイベント会場での広告や舞台演出など、2018年度の商用化を目指す。

 

 きょう29日から幕張メッセで始まった「NTT ULTRA FUTURE MUSEUM 2017」の会場内で試験飛行の予定だ。

 あなたにオススメの記事