環境

クール・ビズの室温設定28℃「科学的知見なし!」官房長官も苦笑い

 今月1日から始まったクール・ビズ。今や東京都知事となった小池百合子氏が環境相だった2005年当時にスタートした「夏場の軽装と冷房の節約」を進めるためのキャンペーンだが、推奨されている「室温28℃」が、科学的知見にもとづいて決められた温度ではないことが、政府の副大臣会合の席で明らかになった。

 

 菅義偉官房長官の11日午前中の会見によると、けさ開かれた副大臣会合で、法務省の盛山正仁副大臣がクール・ビズで推奨する冷房時の室温設定について、「科学的知見を持って決めたわけではなく、なんとなく28℃を目安にスタートした」と発言。盛山氏は、かつて環境省で地球環境局総務課長を務め、クール・ビズの導入にも関わった過去がある。

 

 菅官房長官は記者からの質問を受けて「会合での副大臣の指摘は知っている」と認めながらも、「室温28℃というのは、部屋全体なのか、空調だけなのか、条件によっても変わってくる。杓子定規で決めたわけではなく、みなさんが過ごしやすい温度の目安と考えればいいのでは?」と苦笑いしながら答えた。

 

 そのうえで、「クール・ビズ導入時に、科学的知見がなかったという指摘については環境省で丁寧に検討を進めていく」と述べて、ふだんどおりのクールな表情に戻っていた。

 あなたにオススメの記事