環境
Loading

クール・ビズ28℃論争 小池知事「根拠ある」法務副大臣をチクリ

 2005年にスタートしたクール・ビズの「設定室温」をめぐって、当時環境省の担当課長だった盛山正仁法務副大臣が「なんとなく28℃を目安にした」と発言した問題で、小池百合子東京都知事は「法律的にも科学的にも根拠があって制度を設けた」と反論し、盛山氏を「ああ、政治家になられたな」と痛烈に皮肉った。

 

 この問題は今月11日の副大臣会合の席で、法務省の盛山副大臣がクール・ビズで推奨する冷房時の室温設定について「科学的知見を持って決めたわけではなく、なんとなく28℃を目安にスタートした」と発言。盛山氏はかつて環境省で制度導入に関わった過去があることから、設定室温の見直しを求める声が高まった。

 

 これを受けて当時環境相だった小池都知事は12日の記者会見で、労働安全衛生法やビル管理法を掲示して「法律的な上限は28℃」だと反論。

 

 さらに制度導入時に企業にアンケートをとった結果、オフィスの平均室温が26℃で、襟元を開けて上着を脱ぐと体感温度が2℃下がるという服装に関する研究を元に28℃に決めたと説明し、盛山氏に対して「ああ、政治家になられたなと思った」と述べた。

 

 そのうえで「一般的に男性は28℃では暑いと思うが、私はオフィスで膝掛けをしている女性に目を向けた観点でクール・ビズを始めた」と強調した。

あなたにオススメの記事