防犯
Loading

「おじさんの大きいんだよ!」がに股ジイさん 親子に向かってご開チン 北千住

 東京・足立区の公園できのう(16日)午後、砂場で遊んでいた親子に話しかけながら近づいた老人が、おもむろにズボンを脱いで下半身を露出したとして、警察が公然わいせつの容疑でこの男の行方を追っている。

 

 警視庁千住警察署によると、16日午後2時40分ころ、足立区千住旭町の千住旭公園(通称太郎山公園)の砂場で親子連れが遊んでいたところ、70代くらいの老人が「子供たち可愛いね」などと話しかけながらガニ股歩きで近づいてきた。

 

 保護者が適当にあいづちを交わすと、老人は突然「おじさんの大きいんだよ」などと叫んで、履いていたズボンを下ろし、下半身を露出。遊んでいた親子が驚いて声をあげると、そのまま公園を後にして逃走したという。

 

 目撃者によると、犯人の年齢は70歳くらい、身長は165センチ前後、目が細く、白っぽい帽子をかぶっていて、着ていた衣服などはあまり覚えていないという。

 

 現場は、北千住駅東口の繁華街から200メートルほど離れた住宅街にある公園で、警察が公然わいせつ事件として男の行方を追っている。

 

【問合せ先】千住警察署 03-3879-0110(内線2652)

あなたにオススメの記事