防犯

品川でまた「トイレどこ男」出没 案内すると手伝わされるかも…

 

 東京・品川区のマンション内で、帰宅した小学生の女の子が不審な男から「家のトイレを貸して欲しい」などとウソをついて、自宅に上がりこまれそうになったと警察に110番通報が寄せられた。

 

 警視庁大崎警察署によると、18日午後6時半ごろ、品川区西五反田5丁目のマンションで、住人の小学生の女の子が、面識のない男から「トイレはこの辺にありますか?」と呼び止められた。

 

 女の子が「ない」と答えると、男はさらに「トイレへ連れて行ってください」と頼みはじめ、困っていると「家のトイレを貸してもらえますか?」と小学生の自宅に上がり込もうとしたので、恐ろしくなって走ってその場を離れ、帰宅後に110番通報したという。

 

 目撃者によると男はマンションの住人ではなく、年齢20〜30代、小太りでメガネをかけていて、黄土色のショルダーバッグを下げていたという。

 

 警察によると、品川区では今年2月にも大崎駅周辺の繁華街で、男が小学生の女の子にトイレの場所を尋ね、「一人で用を足せないので手伝って欲しい」などとしつこく付きまとうケースが報告されている。子供を狙ったいたずら目的のおそれもあると見て、管内のパトロールを強化している。

 


【問合せ先】大崎警察署 03-3494-0110(内線2162)

 あなたにオススメの記事