外交

急遽 今日から日韓次官級会談 関係打開を模索

 日韓首脳会談の開催について韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が慎重な姿勢を示しているとの報道もあるなか、外務省は11、12日の両日、斎木昭隆事務次官が韓国・ソウルを訪問し、韓国外交部のキム・ギュヒョン第一次官と会談を行うと発表した。

 

 報道によれば、朴大統領は韓国メディアに対して、「日韓首脳会談をしたのに独島(竹島)問題や慰安婦問題がそのままであれば関係がさらに悪化しかねない」などと述べ、こうした問題について解決の糸口が見つからない限り、日韓首脳会談の開催は困難との認識を示している。

 

 今回の次官級会談について、菅義偉官房長官は11日午前の記者会見で、「日韓関係、北朝鮮問題などについて意見交換する。(1日にブルネイで開かれた)日韓外相会談において、今後緊密に意思疎通を行なっていくことで一致したと聞いているから、その延長線として日韓のさまざまな問題について意思疎通を図っていくと考えている」と述べている。

 あなたにオススメの記事