リコール

「サムすぎる」と炎上 クールジャパン法の啓蒙動画

 経済産業省が制作し、5日、Youtube上にもアップされた「クールジャパン法~日本の魅力をビジネスへ~」という同法の啓蒙動画が「クールというよりサムい」とネット上で話題になっている。

 

 6月19日に公布されたクールジャパン法とは、日本の文化や製品が海外では「Cool(カッコイイ)」との評価を得ていることを受け、政府が民間との合同出資で機構を設立し、海外事業への投資を進めるというもの。

 

 同法を推し進める経済産業省では、その啓蒙活動としてアニメ「エヴァンゲリオン」をパロディにした動画「クールジャパン法~日本の魅力をビジネスへ~」という動画を5日、Youtube上に発表していた。

 

 しかし、その内容が目の肥えた日本の視聴者にはお粗末に映ったのだろうか、「クールというよりサムい」、「経産省が天然でやってる炎上マーケ(ティング)」、「想像をはるかに超えていた。クールじゃない上、構造そのものが利権とバラ撒き前提に見える」、「クールすぎて風邪をひきそう」などと散々な評判。TwitterをはじめとしたSNSで、いわゆる炎上状態となっている。

 あなたにオススメの記事