環境

16日の関東地方「光化学スモッグ」に注意!気象庁が呼びかけ

 

 16日は、関東地方の一部の地域では、日差しが強くなり、最高気温が30℃に達して、光化学スモッグが発生しやすい状態だとして、気象庁が屋外での活動に注意を呼びかけている。

 

 光化学スモッグとは、工場や自動車の排気ガスと紫外線が化学反応を起こした結果、大気中の有害物質「光化学オキシダント」が増えて、目がチカチカしたり、ノドが痛むなどの健康被害を引き起こす現象のこと。

 

 気象庁によると関東地方では16日昼過ぎから夕方にかけて、風が弱く、光化学スモッグが発生しやすい気象条件が揃うとして、千葉県や埼玉県内では屋外での長時間の活動を控えるよう呼びかけている。

 あなたにオススメの記事