防災知識

トヨタ 宮城県と支援協定。近隣へ工場の電力供給

 トヨタ自動車は13日、宮城県と災害支援協定を結んだと発表した。


 この協定は、同県が被災して長期停電になった場合、同社が工場で発電した電気を近隣地域へ供給するというもの。近隣地域の復興をサポートすることで、地域全体の早期回復を促し、最終的には工場の早期再開に繋げようという試みのようだ。なお電力の供給にあたっては、東北電力と協議して進めていく。


 トヨタは東海や九州にも生産拠点を持っており、今後はこれら地域でも同様の支援を考えていくとのこと。 

 あなたにオススメの記事