地震

5000km超の海底ケーブルと地震・津波観測装置を設置 NEC

 NECは9日、千葉県房総沖から北海道十勝・釧路沖までの東日本に沿った海域で、地震や津波を観測するための装置や海底ケーブルの敷設作業を始めたと発表した。

 

 この観測装置ならびに海底ケーブルは、防災科学技術研究所による「日本海溝海底地震津波観測網」プロジェクトの一環で敷設され始めたもので、東日本大震災で明らかになった海での観測システムの脆弱さを強化するために進められている。

 

 工事が完成すれば、総距離5000キロメートルを超える海底ケーブルと、150以上の地震・津波観測装置が設置され、もし地震や津波が起きた場合、各装置からのデータは海底ケーブルを通してリアルタイムで陸上の受信局に送信される。

 

 これにより、たとえば緊急地震速報については現在より最大で30秒早く発信することが可能となるほか、将来的には津波の即時予測技術や地震の予測技術の開発などにも使用されるという。

 

 海底ケーブルの敷設作業は2014年度に完成し、2015年度からシステム運用の開始を予定している。

 あなたにオススメの記事