火山

米イエローストーン公園 地震続発 1週間で464回を観測 ユタ大学

 

 米地質調査所(USGS)とユタ大学地震観測所によると、米中部のイエローストーン国立公園では、今月12日以降に発生した地震の回数が400回を超え、このうち、最大マグニチュード(M)4.4を含むM3以上の地震は6回にのぼった。

 

 イエローストーン国立公園は、モンタナ州、アイダホ州、ワイオミング州にまたがる世界初の国立公園で、広さは千葉県と埼玉県がすっぽり収まる8980平方キロ。

 

 北米最大の火山地帯として知られ、ユタ大学の研究では、地下20〜50キロには、世界最大のマグマだまりがあると推測されていて、現在も園内の数百カ所で間欠泉や熱泉から熱水や水蒸気が噴き上がっている。

 

 日本時間16日朝には、4年ぶりにM4.4の中規模地震が発生し、今月12日からの1週間で、体に感じない微小な揺れも含め、計464回の地震を観測した。

 

 イエローストーン国立公園でM4を超す地震が起きたのは2014年3月以来4年ぶり。また、1週間に発生した群発地震の数としては過去5年間で最も多いという。

あなたにオススメの記事