気象

中国地方で激しい雨 16日正午までに150ミリの予想

   気象庁は、15日夕方にかけて中国地方で雷を伴う非常に激しい雨が降るとして、低地の浸水や河川の氾濫、土砂災害に注意をよびかけている。


   気象庁によると、暖かく湿った空気や上空の寒気の影響で、西日本では大気の状態が非常に不安定になっており、15日午後12時40分までの24時間に鳥取県大山で221.5ミリ、岡山県上長田で220ミリの降雨量を観測するなど、中国地方を中止に激しい雨が降っている。


   中国地方では、夕方にかけて局地的に雷を伴い、1時間70ミリの非常に激しい雨が降る見込みで、16日正午までの24時間雨量は多いところで150ミリと予想されている。

 

 

 あなたにオススメの記事