震災復興

楽天から入札OK!Jリーグ人気選手チャリティーオークション

 東日本大震災の復興支援のため、Jリーグでは7月15~21日、22日~28日、29日~8月4日の間、楽天オークションに人気選手の試合使用品を出品し、一般からの入札を募る。すでに7月8日~14日に開催された第1回オークションでは小笠原満男選手(鹿島アントラーズ)の直筆サイン入りユニフォームに20万1000円の最高値がついた。

 

 オークションに出品されるグッズは、6月16日に開催された「東日本大震災復興支援2013Jリーグスペシャルマッチ」で選手たちが実際に使ったもの。その収益金は「Jリーグ TEAM AS ONE募金」として、今後の復興支援活動に使われる。

 

 第1回オークションでは小笠原選手の他に、若手のホープ・大津祐樹選手(VVVフェンロ)のサイン入り公式球が5万2500円、元日本代表DF・マルクス闘莉王選手(名古屋グランパス)のスパイクが11万2000円、同じく元日本代表DF・中澤佑二選手(横浜F・マリノス)のユニフォームが12万1000円で落札されるなど、初回から盛況な結果となった。

 あなたにオススメの記事