震災復興

「今年の夏休みも被災地ボランティアを」学生に呼びかけ 復興庁

 復興庁では、いまだ東日本大震災の被災地ではボランティアを必要としているとして、同庁ホームページにボランティアに参加した学生の声を掲載し、夏休みを利用して今年も被災地のボランティアへ参加するよう学生に呼びかけている。

 

 同庁では被災地について、「復興は進んでいるものの、被災地での生活支援(買い物や引越しの手伝いなど)や、コミュニティづくり支援、心のケアなどのボランティアを必要としているところもまだ多くある」としている。

 

 このため同庁ホームページに、「東北に行ったよ。〜この夏も、ボランティアに行こう!〜」と題して、被災地でのボランティアを経験した学生の声を掲載し、今年も夏休みを利用して、仮設住宅の集会所でのサロン活動やイベント支援などへの学生の参加を求めている。

 

 また、同庁ホームページでは、さまざまな人がボランティアに参加しやすいように、「パッケージ化されたものを利用する場合」、「自分で交通手段などを手配して活動する場合」、「NPOなどに登録し、活動を行なう」などのパターンに分けて、参加のための手続きなどについても紹介している。

 あなたにオススメの記事