生活情報

「675」の着信にご用心 パプアニューギニアにつながり 高額料金ふんだくられるおそれ

 最近、スマートフォンや携帯電話に「675」で始まる不審な着信が増えているとして、携帯電話各社が利用者に対して「心当たりのない番号への折り返し電話をしないよう」注意を呼びかけている。

 

 ソフトバンクによると、「+675」から始まる着信は、南太平洋のパプアニューギニアからかけられている国際電話で、利用者が折り返し電話した場合、30秒あたり249円の高額な通話料がかかるおそれがあるという。

 

 ちなみに、パプアニューギニアへの通話料金は、携帯電話会社によって異なり、NTTドコモのワールドコールでは30秒あたりに63円〜68円、KDDIでは30秒あたり65円となっている。

 あなたにオススメの記事