生物

東京・大井埠頭でもヒアリ発見 千葉県内で積み荷を取り出し

 東京都港湾局は6日、品川区の大井埠頭で陸揚げしたコンテナ内部で、ヒアリが見つかったと発表した。コンテナは、中国・広東省からの貨物船で運ばれ、千葉県内の荷主のもとで積み荷が取り出されたあとに大井埠頭に返却されたもので、環境省が追跡調査を進めている。

 

 都港湾局によると、今月3日、大井埠頭に戻されたコンテナの点検作業中に、内部で1匹のアリを発見。環境省関東地方環境事務所に通報し、調べた結果、強い毒を持つヒアリだと判明した。

 

 このコンテナは、広東省の三山港から貨物船で搬送され、香港で積み替えし、先月27日に大井埠頭に到着。陸揚げ後の30日に千葉県で積荷を取り出した後、大井埠頭に返却されたという。

 

 これまでにアリに刺されたなど、健康被害の報告はないが、都は環境省や国土交通省と合同で緊急調査を行い、毒餌や捕獲用の罠を設置し拡散防止を急ぐ。

あなたにオススメの記事