生物

新潟県長岡市「ヒアリではない」環境省が発表 見分け方を学ぶ

 南米原産の強い毒性があるヒアリが各地で確認されるなか、新潟県長岡市で10日に見つかったよく似たアリは、「ヒアリではなかった」と環境省が発表した。

 

 兵庫県立「人と自然の博物館」によると、ヒアリは体長2.5ミリ〜6ミリで、体の色は赤茶色。腹はやや黒みがかっていて、尾には毒針があり、外敵から刺激を受けると積極的に刺してくる。刺されると、アルカロイド系の毒によって、アレルギー反応が起こり、死亡することもあることから、速やかな医療措置が必要だ。

 

 生息場所は、ひらけた場所を好み、草地や公園、アスファルトのすき間や芝生に、直径25〜60センチ、高さ15〜50センチのドーム状のアリ塚を築く。日本国内でこういったアリ塚を作る種類はおらず、コロニーには約20万〜40万匹の働きアリと女王アリがいる。

 

 コロニーでは、女王アリが1匹しかいないものもあるが、複数のいるタイプもあり、なかには数百の女王アリがそれぞれのコロニー形成し、複数が合体した「スーパーコロニー」を形成するケースもあるという。こうなるともはや手がつけられないため、拡大する前に徹底的に防除しなければならない。

 

 ヒアリは雑食性で日本固有種のアリや昆虫を食べるほか、鳥のヒナやトカゲなどの小動物も集団で襲うことから、国際的に最も深刻な影響を及ぼす外来生物として「世界の侵略的外来生物ワースト100」に選ばれている。

 あなたにオススメの記事