防犯

子供もいるのに!…自転車のチャイルドシートから下半身をチラリズム 稲城市

 東京・稲城市で今月11日、チャイルドシート付きのママチャリに乗った男が、下半身を露出した状態で走っているのを通りがかった住民が目撃し、警察に通報した。

 

 公然わいせつ事件が起きたのは、今月11日午後6時50分ごろ、多摩川に近い稲城市押立付近を歩いていた住民が、自転車で向かってくる男が、短パンを下げて男性器を露出した状態なのに気づいた。

 

 目撃者によると、犯人は年齢30代前後でメガネをかけており、黒い半袖のTシャツを着ていて、黒いトレーニング用のハーフパンツをずり下げていた。乗っていたのは、ベージュ色のママチャリで、サドル部分にチャイルドシートがついていたので、最初は露出に気づかなかったという。

 

 現場はJR南武線の稲城長沼駅と矢野口駅から500メートルほど離れた多摩川に近い住宅街で、児童公園や小中学校の児童・生徒も通ることから、警察がパトロールを強化するとともに、公然わいせつ事件として、犯人を追っている。

 


【問合せ先】多摩中央警察署 042-375-0110(内線2812)

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事