事故

ウナギ3400㎏を積んだトラックが転倒 高速道路がヌルヌルに!オレゴン州

 米オレゴン州の高速道路で今月13日、3400キロのウナギを積んだトラックが転倒し、大量のウナギがぶちまけられる事故が起きた。この影響で、ヌルヌルの路面でスリップした後続車5台が次々に玉突き事故を起こし、高速道路が一時的に封鎖された。2日たった今も、腐敗臭は消えないという。

 

 オレゴン州警察によると、事故は今月13日、西海岸に沿ってワシントン州からオレゴン州、カリフォルニア州に続く高速道路101号線で起きた。

 

 韓国へ輸出するヌタウナギ3400㎏を積んだトラックが、道路工事現場に差し掛かった際に、スピードを出しすぎていて停止線をかなりオーバーして急ブレーキを踏んだ勢いで、積荷が道路にぶちまけられた。

 

 ヌタウナギとは言っても、我々日本人が食べるウナギとは異なり、「生きた化石」と呼ばれる原始生物。皮膚からたくさんの粘液が出て体がヌルヌルすることから日本語で「ヌタ」と名付けられたのだが、英語では「スライム・フィッシュ」と呼ばれるほど、そのヌルヌル具合はウナギの比ではない。

 

 高速道路の路面はたちまちヌタウナギの粘液でネバネバになり、後続車両が次々にスリップ。すべてのヌタウナギを回収し、汚れを全部清掃するには半日以上かかったという。

あなたにオススメの記事