テクノロジー

1週間貼ったままでもかぶれない!極薄ナノメッシュセンサーを開発 東大

 東京大学や理化学研究所などのチームは、1週間皮膚に貼ったままでも、かぶれやアレルギーを起こさず、装着していることすら忘れてしまいそうなナノメッシュセンサーの開発に成功した。

 

 従来のウェアラブル電子機器は、軽量で伸縮性の高い薄い膜状のフィルムやゴムシートを使うのが一般的だが、汗をかいても蒸発しにくいため、長期間使い続けていると、かぶれや炎症などの皮膚トラブルを引き起こす危険性があった。

 

 そこで、東大大学院の染谷隆夫教授や理研、慶應大学などの共同チームは、人体への害が少ない金と医療用カプセルに使われるポリビニルアルコールを材料に、ごく細かいナノサイズのメッシュ構造の電極を開発。

 

 20人の被験者を対象にパッチテストを行なったところ、1週間貼り続けたままでも炎症を起こさないことが確認された。装着時の使用感について聞き取り調査した結果、従来品に比べて不快感が少なく、水蒸気をよく通すことがわかった。

 

 人差し指の第二関節に貼り付けて、指を1万回曲げ伸ばししても、導電性には問題がなく、筋肉の収縮時に発生する電気信号や体温、圧力を計測できたという。

 

 研究チームは「医療や介護現場で患者に負担なく健康状態をチェックできるほか、スポーツ選手の運動に影響を与えず、モーションや生体情報を正確に計測し、解析できるようになる」として期待を寄せている。

 

 なおこの研究成果は、英国科学誌『ネイチャー・ナノテクノロジー』電子版に掲載された。

 あなたにオススメの記事