リコール

ペプシコーラ PETボトルに樹脂片混入 340万本を回収へ

 ペプシコーラのペットボトルの一部に、プラスチック片が混入していたことが明らかになり、サントリー食品インターナショナルは28日、6商品計340万本を自主回収すると発表した。

 

 自主回収の対象となるのは、同社のグループ企業サントリープロダクツの羽生工場が製造した、「ペプシストロング」の「5.0GV」の420mlボトル、490mlボトル、「5.0GV<ゼロ>」490mlと、「ペプシスペシャル」490ml及び「ペプシコーラ」500mlと「POPメロンソーダ」430mlの6商品。


 賞味期限は、今年9月27日から2018年1月22日までの商品が対象となる。同社によると、異物はペットボトル飲み口のプラスチック片が容器内に落下した可能性が高く、これまでに健康被害の報告はなないが、透明なので気づかずに飲んでしまうおそれがあるという。

 

 
 同社は、開封の有無に関わらず、料金着払いで下記宛に送るよう呼びかけている。(開封後の商品は中身を廃棄後に、キャップを閉めて送付)

 

【この件に関する問い合わせ先】

サントリー食品インターナショナル 特設お客様対応窓口

専用フリーダイヤル:0120-868-988

受付時間:午前9時〜午後5時(29日、30日は対応、それ以降は平日のみ)

 あなたにオススメの記事