震災復興

クリナップ 被災地に人材育成の財団を設立

 厨房・浴室機器などを製造販売するクリナップは13日、福島県に被災地復興支援を目的としたクリナップ財団を設立したと発表した。


 同社は東日本大震災で福島県の基幹工場が被災してしまったが、地域や協力企業などの支援によっていち早く復旧できたという。これに感謝の意を示して財団を設立した。 当初は2500万円を拠出し、1億円まで積み増しして支援事業にあたる。

 

 この財団は被災地復興支援のため将来の地域社会の発展に貢献する人材を育成することを目的としており、「経済的理由により就学が難しい学生への奨学事業」、「スポーツ教育の振興を助成する事業」「キッチン(厨房)分野での素材・機器、環境などの発展にに貢献する研究開発を振興する事業」の3つを行なう。

 あなたにオススメの記事