宇宙

8日未明は部分月食を見よう!台風の影響は?国立天文台

 あす8日早朝、月が地球の影に隠れる部分月食が全国各地で観察できる。国立天文台によると、月は最大で直径の4分の1ほど欠けて見えるという。台風5号の影響で東日本では曇りや雨の予報だが、西日本ではあすは晴れるもようだ。

 

 国立天文台によると、今回の月食は南西の空で8日午前2時22分に欠け始め、高度を下げながら同3時21分に最も大きく欠けて見える。その後は欠けた部分が次第に小さくなり、日の出直前の4時19分に元の丸い姿に戻るという。

 

 日本全国で観察することができるが、南西に行くほど条件がよく、空が暗いうちに高い位置で月食を見ることができる。逆に北海道など北日本では、月食が終わると間もなく日の出を迎え、すぐに月が沈む見通し。

 

 台風5号の通過で気になる天気だが、九州や中国地方、四国では晴天の見通しだが、青森から東京、名古屋、金沢にかけては雨または曇りの予報となっている。お子さんがいる家庭は、夏休みの自由研究にもオススメだ。

 あなたにオススメの記事