経済

東北3県の高校生内定率、高い上昇率

 文部科学省は14日、来春卒業で就職を希望している全国の高校生の内定率について発表した。

 それによると東日本大震災の復興需要で岩手県、宮城県、福島県の内定率が上昇している。


 震災での3県の高校生の就職内定率を前年と比較して見ると、岩手県は70.3%(4.1%増)、宮城県59.1%(11.7%増)、福島県65.4%(9.4%増加)となっている。上昇率に注目すると、全国1位が宮城県、2位が福島県、9位が岩手県という結果となった。

 なお全国平均の内定率は60.9%、昨年と比較して2.3%の伸びだという。

 あなたにオススメの記事