生物

カワイイけど我慢できない!ネコのオシッコ被害なくす技術 岩手大が開発

 空前のブームで猫を飼う人が増えるなか、嫌いな人はもちろん、飼い主に取っても悩みのタネが糞尿被害。放し飼いの猫や野良猫が、オシッコや糞をすることで幼稚園の砂場から、トキソプラズマ症に感染するリスクが高まる一方、きちんと管理している飼い主があらぬ疑いをかけられ肩身の狭い思いをすることもあるからだ。岩手大学のグループは、猫の行動の観察を通じて糞尿被害を防止する新しい技術を開発した。

 

 猫ブームが手伝って、飼育頭数が増えるなかで問題となっているのが、砂場や住宅街での糞尿被害。排泄物による悪臭だけでなく、猫の糞で汚染された土壌に触れることで、トキソプラズマという寄生虫に感染すると、妊婦が流産したり、胎児の発達異常を引き起こすリスクがあると指摘されている。

 

 岩手大農学部の山下哲郎教授と宮崎雅雄准教授のグループは、縄張り内でほかの猫の尿の匂いを嗅ぐと、犬のように自分の尿をかけて匂いを消すことなく、そのまま立ち去るという猫の行動を発見。

 

 この習性に着目して、猫の尿から強烈な匂いの元となるアンモニアの原料である尿素を除去した抽出物を作成し、野良猫の被害で困っている民家の庭先で試した結果、実験したすべての場所に、野良猫が出現したが、抽出物の匂いを嗅ぐと、そのまま立ち去り、排泄しないことが確かめられた。

 

 その後の観察で、一度匂いを嗅いで立ち去った野良猫は、再び同じ場所に現れたことから、人工的な匂いをつけたところで、猫の縄張りを撹乱する心配はないことも判明したという。

 

 猫の糞尿被害の防止には、猫除けスプレーや超音波撃退装置、トゲトゲのシートなどが開発されているが、効果に個体差があったり、一時的な効果だったりと不満が多い。研究グループは、「この技術であれば、人間と猫が共存することで糞尿被害が防げる」として、今後は製品化に向けて、尿抽出物の持続時間や濃度による効果の違いなどを調べて研究を発展させたいと話している。

 

 なおこの研究成果は、動物学の専門誌『Applied Animal Behavior Science』電子版に掲載された。

 あなたにオススメの記事