製品・サービス

「深海鮫エキスで血液サラサラ」根拠なし 島田製薬に業務停止命令

 「飲むと血液がサラサラになって、3カ月でキレイになる」などとウソを言って、「深海鮫エキス」をうたった健康食品を購入するよう電話で勧めていたとして、経済産業省北海道経済産業局は31日、「島田製薬」を特定商取引法にもとづき、3カ月間の一部業務停止を命じた。

 

 特定商取引法に違反したのは、東京・中野区の健康食品販売会社「島田製薬」(菅原徹男代表取締役)。

 

 経産省によると、同社が販売する「プラチナ深海鮫エキスα」と「シマダの深海鮫エキス100」について、「飲むと血液が入れ替わって、血液をサラサラにして、3カ月もしたら完全なキレイな血液になる」などと言って電話で勧め、被害者が何度断っても、購入するまでしつこく勧誘した。

 

 しかし、これらの製品に効能を裏付ける科学的根拠はなく、経産省は「勧誘目的不明示、再勧誘、不実告知」などの違反行為があったとして、今年11月30日までの3カ月間、電話勧誘販売に関する業務の一部停止を決定した。

 

 この問題をめぐっては、2014年4月から今年7月末にかけて、全国の消費者から消費生活センターなどに270件近い相談や苦情の問い合わせが相次いでいたという。

 

 島田製薬はきょう「今後、このような誤ったご案内をすることがないように、社員教育を徹底する」とコメントを発表した。

 あなたにオススメの記事