気象

台風18号 発達して沖縄の南へ あす南西諸島に暴風警報 全国的に大雨

 強い台風18号は12日午前9時現在、日本の南の海上を時速35キロで北西に進んでおり、今夜には沖縄の南に達する見通しだ。

 

 気象庁によると、台風18号の現在の中心気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速50メートルで、中心から半径80キロ以内では、風速25メートル以上の暴風が吹いている。

 

 次第に勢力を増して、今夜6時には沖縄の南に到達し、あす朝にも宮古島近海まで進んで、非常に強い台風になる見込みで、南西諸島では今夜からあすにかけて非常に強い風が吹いて、海は大荒れになるおそれがあるとして、気象庁はあす未明にも暴風警報を発表する予定。

 

 一方、前線を伴った低気圧の影響で、上空に暖かく湿った空気が流れ込むため、全国的に大気の状態が非常に不安定となっており、西日本から東日本ではきょう夕方、北日本ではあす未明にかけて雷を伴った激しい雨が降り、局地的に大雨となるおそれがある。

 

 あす朝6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、四国200ミリ、近畿から東海、東北、北海道で120ミリ、北陸と甲信で100ミリとなっており、全国的に土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意が必要だ。

 

■日本付近に接近する台風の最新情報については、ハザードラボ「台風マップ」をご覧ください。

 あなたにオススメの記事