リコール

パナソニック液晶TV スタンドが原因で転倒の危険性 11万台リコールへ

 パナソニックが製造した液晶テレビで、スタンド部分のネジの不具合で、本体ごと転倒する危険性が明らかになったとして、約11万台のスタンド部品の無料交換を行うと発表した。

 

 リコールの対象となるのは、2011年12月から2013年6月までに製造した液晶テレビ4品番の計11万3462台。

 

 同社によると、テレビ自体の重さによって、据え置きスタンドを止めているネジが緩み、この状態で本体の向きを変える動作を繰り返していると、そのうちネジが外れて、テレビ本体が転倒する可能性があることが判明。

 

 テレビ正面中央の「Panasonic」のロゴの下に記載されている「TH-」から始まる品番が「L55ET5」「L47ET5」「L42ET5」「L42E5」の製品について、据え置きスタンドの部品交換を無料で行う。

 

【この件に関する問い合わせ先】

パナソニック 液晶テレビ市場対策室

フリーダイヤル:0120-878-590

受付時間:午前9時〜午後9時(10月13日以降は、平日〜午後5時)

 あなたにオススメの記事