気象

ピンチ!台風18号が九州接近中なのに…「暴風域が見られない!」気象庁HP

 台風18号が九州に迫るなか、気象庁のホームページでは16日午後2時現在、台風情報に関するページの一部に不具合が生じて、「暴風域に入る確率」が表示できなくなっている。

 

 大型で強い台風18号は、東シナ海から九州方面に向かってゆっくりと進んでいる。16日午後2時現在の中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径200キロ以内では、風速25メートル以上の暴風が吹いている。

 

 台風は17日未明には大型で非常に強い勢力に発達して鹿児島県の北西沖に到達。明け方から昼過ぎにかけて、九州に上陸するおそれがある。その後は進行速度を速めて、西日本を縦断するものと予想されているが、台風の接近に伴い、九州南部から本州の南海上で秋雨前線の活動が活発化し、三連休最終日にかけて西日本から北日本の広い範囲で大荒れになると予測される。

 

 あす昼までの24時間に予想される雨量は、多いところで、近畿と東海350ミリ、九州南部・四国300ミリ、九州北部・関東甲信200ミリ、奄美地方150ミリ、中国・北陸で100ミリ。

 

 18日にかけても引き続き大雨が降り続くおそれがあり、気象庁が土砂災害や浸水、河川の増水やはん濫に厳重に警戒するよう速めの準備を呼びかけている。

 

 現在、気象庁のホームページでは台風情報の一部「暴風域に入る確率」が表示できなくなっており、復旧作業を急いでいる。

 

▪️ハザードラボの「台風マップ」では最新の台風情報を掲載しています。

 あなたにオススメの記事