生物

「空から魚が降ってきた〜!」メキシコで怪雨現象(動画あり)

 巨大地震が相次いだメキシコの港町で先月27日、上空から大量の魚が降る怪現象が起こった。あるはずのないものが落ちてくる現象は、「ファフロツキーズ」と呼ばれ、日本をはじめ、欧米やインドなどさまざまな国で目撃されているが、そのメカニズムはいまだ解明されていない。

 

 この怪現象が起こったのは9月27日、メキシコ湾に面した同国東部に位置する港町タンピコだ。タマウリパス州の公安当局はこの日、「駐車場にいたとき、雨粒と一緒に空から魚がボトンボトン降ってきた」と述べて、アスファルトの上に落下した魚と、拾った4匹の写真を公式のFacebookに投稿した。

 

 

 

 この様子をとらえた動画を見ると、当日の天気は曇ってはいるが雨足はそれほど強くなく、霧雨程度。海や湖など水上で竜巻が発生すると、魚やカエルまで拾い上げられて、気流によって運ばれた先で地面に落下する珍しい気象現象だと考える研究者もいるが、謎は解明されていない。

 

 ただメキシコ湾周辺では、その数日前に襲った暴風雨によって高速道路が分断されるなど各地で浸水被害が相次いでいたことから、大気の動きと関係している可能性が高いと指摘されている。

 あなたにオススメの記事