リコール

東京・成田・関西 空港免税店で販売のスマホケースで皮膚炎のおそれ

 国内3カ所の国際空港の免税店で販売されていたスマートフォン用のケース内部のラメ物質が漏れ出して、皮膚炎やヤケドを起こすおそれがあることが判明した。メーカーが商品回収を消費者庁に届け出た。

 

 問題のスマホケースは、2016年10月から今年3月にかけて、羽田国際空港国際線ターミナルと、成田空港第2ターミナルサテライト、関西国際空港出国エリア内の3つの空港内にある免税店「VICTORIA’S SECRET」で、販売された5種類。

 

 いずれも透明ケース内にキラキラ輝くラメや液体が入っていて、ケースの破損などで漏れ出したラメや液体が皮膚に触れると、皮膚炎や化学ヤケドを引き起こすとして、米国では今年8月、消費者製品安全委員会(CPSC)が26万3000個の回収を販売元に指示している。

 

 日本国内での今回の措置は、米国の動きを受けての決定だと考えられるが、すでに国民生活センターが昨年4月、商品テストの結果、皮膚への刺激性が確認されたとし「液体入りスマホケース」の注意喚起を行っていることから、メーカーや販売元の対応の遅れが目につく結果となった。

 

 なお、それぞれの空港内の免税店では、専用の電話相談窓口を設置し、連絡するよう購入者に呼びかけている。

 

【この件に関する問い合わせ先】

■東京国際空港ターミナル

TIATカスタマーセンター

フリーダイヤル:0120-61-0489

 

■成田国際空港(日本空港ビルデング)

JAPAN DUTY FREEカスタマーセンター

フリーダイヤル:0120-328680

 

■関西国際空港(日本航空ビルデング大阪営業所)

電話:072-456-6621

 あなたにオススメの記事