火山

新燃岳が噴火!2011年以来6年ぶり 宮崎県高原町で降灰

 11日午前5時34分、宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島連山の新燃岳が噴火した。新燃岳の噴火は2011年9月7日以来、6年ぶり。

 

 鹿児島大学の火山学者、井村隆介准教授は、新燃岳から東へ6キロほど離れた宮崎県の湯之元温泉付近まで接近して、噴火を撮影。同県の高原町ではけさ7時ごろから火山灰が降り始め、噴火による空気の振動で窓ガラスがガタガタと揺れたという。

 

 気象庁によると、新燃岳では先月下旬から火山性地震が相次ぎ、気象庁は噴火警戒レベルを「2」に引き上げ、火口周辺への立ち入りを規制していた。9日午後には、地殻変動を伴う火山性微動が発生し、40分以上にわたって継続。同日深夜に始まった火山性微動は、翌10日夕方以降も続き、この日の火山性微動は7回、火山性地震の発生回数は175回に上った。

 

 鹿児島地方気象台が10日に上空から観測したところ、火口内からはまとまった白色の噴煙が上空400メートルまで立ち上り、火山ガスの匂いがはっきりと感じられたという。監視カメラによる観測では、噴煙の高さは、火口から600メートル上空に達していたが、火口内や火口周辺では火山灰などの噴出物は見られなかったという。

 

 気象庁地震火山部によると、噴火があすにかけて続いた場合、11日昼までは火口から東方向、今晩にかけては北へ火山灰が降ると予想される。また、噴煙が上空1000メートルに達した場合は、火山から半径2キロ範囲は、小さな噴石が落下するおそれがあるため、警戒が必要だ。

 

 GPSによる観測では、新燃岳では今年7月ごろから地殻変動が観測されていて、山体が膨張している可能性があると指摘されていた。

 

 2011年1月に発生したマグマ噴火は、同年9月まで続いて、火口から9キロ離れた宮崎県高原町まで噴石(火山れき)が落下し、太陽光発電パネルなどを破損する被害が報告されたほか、空気の振動で、鹿児島県霧島市では窓ガラスが割れるなどの被害が相次いだ。

   

■国内のほかの火山の現状については、ハザードラボ「火山マップ」をご覧ください。

 あなたにオススメの記事