気象

東北から九州 局地的な大雨とひょうに注意

 気象庁によると26日は、東北から九州の広い範囲で、大気の状態が非常に不安定なため、局地的に非常に激しい雨や「ひょう」が降るおそれがある。

 

 26日の本州付近は、上空約5500メートルで氷点下6℃の寒気におおわれているが、南からは暖かく湿った空気が流れ込む見込みで、東北から西日本にかけて広い範囲で大気の状態が非常に不安定になる。

 

 このため明日にかけて、東北地方や東日本、西日本では、雷をともなった1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るところがあり、27日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで東北地方の150ミリの予想。

 

 また気象庁では、落雷や竜巻などの激しい突風や「ひょう」への注意も呼びかけている。

 あなたにオススメの記事