製品・サービス

NHK 受信料支払いの個人情報3300人分紛失 処理業者の元から紛失

 NHKは24日、放送受信料の支払いを申し込むために、クレジットカード番号や住所、氏名、電話番号などの個人情報が記載された書類約3300人分を紛失したと明らかにした。書類の溶解処理を孫請けさせていた先の業者の元で段ボール箱1箱分の所在がわからなくなっているという。

 

 NHK広報局によると、紛失したのは2011年4月22日〜28日にかけて、インターネットのホームページを通じてクレジットカード払いの申し込みを行った視聴者の名前や住所、電話番号、クレジットカード番号などが記載された書類3306枚。

 

 今月16日に静岡県沼津市内の路上に受信料に関する書類が落ちていると住民から連絡を受けて発覚し、これまでに275枚を発見した。

 

 これらの書類は今月11日、埼玉県川口市内のNHKの施設から委託を受けた溶解処理業者が搬出した段ボール箱4809個分のうちのひとつで、この委託業者がさらに委託した沼津市内の倉庫に保管されていたものだという。

 

 路上で発見された275枚をのぞくと、最終的な紛失枚数は3031枚に及ぶということで、NHKでは対象者に対して経緯について説明を進めている。

 あなたにオススメの記事