生活情報

「貞子」がクールシェア呼びかけ「きっとク〜ル…」 環境省

   夏はホラーで涼もう――。8月30日に公開される映画「貞子3D2」(英勉監督)にあやかり、環境省が「貞子ときっとク〜ル計画」を展開している。


   図書館や公園で涼をとったり、エアコンをつけた一部屋に家族が集まるなど、環境省が進める「クールシェア」のキャンペーンの一環。友人や家族と映画館で背筋も凍る"涼しさ"を体験できるホラー映画に着目し、90年代に一世を風靡した「貞子」に白羽の矢を立てた。


   キャンペーンのロゴマークやポスターでは、貞子がテレビ画面から這い出てくるシーンを再現したポーズで、「きっとク〜ル…」と控えめにクールシェアを呼びかけている。ロゴマークなどは環境省のサイトでダウンロードできる。


   日本のホラー界のスターを起用したキャンペーンは成功するかわからないが、少なくとも環境省のギャグでクールシェアできるかもしれない。

 

 あなたにオススメの記事