防犯

「明治座はどんなところ?」道案内を装って近づき 住所を聞き出す外国人 東京

 東京・中央区できのう(8日)夕方、帰宅途中の小学生の女の子が、片言の日本語を話す外国人に見える男から「どこに住んでる?」などと尋ねられたとして、警察に通報が寄せられた。

 

 8日午後4時50分ごろ、中央区日本橋浜町2丁目の路上を自宅に向かって歩いていた女子小学生が、外国人とみられる男から、「こんばんは」と挨拶され、「明治座はどんなところ?」などと尋ねられた。

 

 小学生は観光客だと思って、近くにある明治座までの道のりを案内すると、男はさらに「飲み物飲むか?」などと親しげに話しかけ、最後には「どこに住んでいる?」と尋ねてきたので、おそろしくなって振り切って帰宅し、110番通報したという。


 不審な男は身長180センチくらいと長身で痩せ型、年齢は「若い感じ」で、髪は坊主のように刈り込んでいたので毛の色は不明。肌の色は茶褐色で、片言の日本語を話しており、小学生は「インド人のように見えた」と話している。

 

 明治座は、銀座の歌舞伎座、新橋演舞場などと並んで、日本を代表する劇場のひとつで、歌舞伎や新派の芝居を上演している。現場からは50メートルほどと近いので、この界隈に住んでいる子供であれば、場所は知っているはずだが、「どんなところ」という質問は、何を意図していたのだろか?

 

【問合せ先】久松警察署 03-3661-0110(内線2612)

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事