政治

座間市9人死体遺棄事件「強い憤り」官房長官…政府が対策検討へ

 神奈川県座間市のアパートで、男女9人の遺体が発見された事件をめぐって、政府はあす10日、SNSを利用した犯罪の再発防止策を検討する閣僚会議を開くことが菅義偉官房長官の会見で明らかになった。

 

 事件は白石隆浩容疑者(27歳)がツイッターで「首吊り士」などのアカウントを使って、自殺願望のある女性らに「一緒に死のう」「自殺を手伝う」などと自宅に誘い、殺害したとみられるもの。

 

 菅官房長官は9日の会見で、「人の目の届きにくいSNSを利用して、被害者の心の叫びにつけこんで、言葉巧みに誘い出し殺害するという卑劣な手口だ」と怒りをにじませ、「犯罪史に残る極めて残忍で、凶悪な事件。強い憤りを感じる」と容疑者を批判した。

 

 そのうえで、国家公安委員長や自殺に関わる厚生労働省、文部科学省のほか、SNSの運用を管理する総務省や経済産業省など関係省庁を集めて、再発防止策を検討するための閣僚会議をあす開催すると発表した。

 あなたにオススメの記事