地震

中米コスタリカでM6.5 日本への津波の影響は…?

 きょう(13日)昼前、太平洋に面した中米コスタリカ沿岸を震源とするマグニチュード(M)6.5の地震が発生したと米地質調査所(USGS)が発表した。

 

 日本時間13日午前11時28分ごろ、コスタリカ西部プンタレナス州の沿岸でM6.5の地震が発生した。USGSによると、震源の深さは約20キロと推定される。

 

 ハワイの太平洋津波警報センター(PTWC)は、この地震による津波の心配はないと発表した。

 

 地震が発生したのは、北米プレートと南米プレートに挟まれたカリブ海プレートの太平洋側で、西からココスプレートが沈み込んでいるため、世界でも地震や火山活動が活発な地域のひとつ。

 あなたにオススメの記事