リコール

プリウスでハイブリッドシステム停止の恐れ CHRはブレーキ不具合 トヨタが4万台リコール

 トヨタ自動車は15日、「プリウスPHV」に使われている不適切なヒューズが原因で、走行不能になるおそれがあると発表。合わせてガソリン車のCH-Rでは、駐車ブレーキに問題があるとして、計約4万2600台をリコールすると国土交通省に届け出た。

 

 リコールの対象となるのは、2011年11月から’15年1月まで製作販売された「プリウスPHV」計2万442台と、2016年12月から先月10日までに製作販売された「C-HR」計2万2223台。

 

 トヨタによると、プリウスはハイブリッドシステムを保護するヒューズの容量に問題があり、運転を繰り返すうちに疲労断線して、最悪の場合、走行不能になるおそれがあるという。

 

 一方、C-HRについては、これまでに155件の不具合が報告されている。原因は、ブレーキ制御コンピューターのプログラムミスで、作動または解除操作を長期間行わないと、モーターの接点に酸化皮膜ができて、断線したと判定される場合がある。そのため、警告灯が点灯し、電動パーキングブレーキが作動しないおそれがある。

 

 改善策として、プリウスについては全車両、ヒューズを対策品に交換し、C-HRはプログラムの修正を実施する。

 あなたにオススメの記事