リコール

ハウスのレトルトカレーに「白い樹脂片」約15万個回収へ

 ハウス食品は、レトルトカレー3種類で白い樹脂片が混入しているおそれがあるとして、計約15万個を自主回収すると消費者庁に届け出た。

 

 自主回収の対象となるのは、賞味期限が2019年2月から5月までの「3歳からの野菜カレー」10万4160個と、「カリー厨房 粗挽きスパイスのビーフカレー辛口」(賞味期限2019年8月17日と同25日)4万20個、さらに量販店などで業務用に4個パックで販売されている「シェフラベル ビーフカレー中辛」(賞味期限2019年2月25日)1900パックの計15万1780個。

 

 ハウス食品によると今月22日、製造元の子会社「サンハウス食品」で内容物の計測を行っていた最中に、タマネギの加工工場内で使われている白いポリエチレンの破片が混入しているのが確認されたという。

 

 これまでに健康被害の届け出はなく、対象商品をサンハウス食品宛に料金着払いで送付すると、後日、商品代金が返金されるという。

 

【この件に関する問い合わせ先】

ハウス食品お客様相談センター

フリーダイヤル:0120-50-2461

受付時間:平日午前9時〜午後5時

【商品の返送先】

サンハウス食品株式会社R係

〒483-8085 愛知県江南市高屋町西里77

 あなたにオススメの記事