防犯

使用中の公衆トイレに侵入 葛飾区の公園で暴行事件「犯人はおかっぱ頭」

 きのう(28日)夕方、東京・葛飾区の公園で小学生の女の子が、公衆トイレで用を足していたところ、面識のない若い男が突然個室内に侵入する事件が発生した。女児が助けを求めたところ、男は逃走し、警察が暴行の容疑で行方を追っている。

 

 事件が起きたのは、28日午後5時ごろ、葛飾区水元1丁目の水元中央公園で、遊んでいた小学生の女の子が、トイレを利用しようと個室に入ったところ、突然何者かがドアを打ち開けて、個室内に侵入した。

 

 小学生が驚いて大声で助けを求めると、男は何もせず、現場を逃走したという。被害者によると、犯人は10代後半の若い男で、身長は160〜170センチくらい、痩せ型で、髪は黒くおかっぱのような髪型で、紺色のブレザーとズボンを身につけていて、学生のように見えたという。

 

 現場は、清掃工場を取り囲むように作られた公園で、現在は老朽化した遊具やトイレの改修工事を行なっており、小学生は仮設通路に設置された仮設トイレを利用していたという。

 

 少女を狙ったわいせつ目的のおそれもあるとして、警察が周囲のパトロールを強化するとともに、暴行の容疑で犯人の行方を追っている。

 


【問合せ先】亀有警察署 03-3607-0110(内線2162)

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事