東日本大震災

東日本大震災の2012年度復興予算 3.4兆円が使われず

 復興庁は31日、東日本大震災における2012年度復興予算9兆7402億円のうち、3兆4270億円が同年度内に使われなかったと発表した。

 

 復興庁によると、被災者支援やインフラ復旧、雇用対策などのために計上された2012年度の復興予算9兆7402億円のうち、実際に使用されたのは6兆3131億円で、全体の35.2%にあたる3兆4270億円は未執行のまま。

 

 そのうち2兆2030億円が翌期の予算に繰り越され、1兆2240億円分は使われる見込みのない不用額として計上される。

 

 予算の使用状況を目的別に見ると、被災者支援で69.2%、インフラ復旧等が56.1%、産業の振興や雇用の確保が66.6%、原子力災害からの復興が42.6%となっており、各予算が年度内に使われなかった理由として同庁では「地元住民や関係者との調整が必要となった」ことなどを挙げている。

 あなたにオススメの記事