リコール

肥満犬用フード「サイエンス・ダイエット」有毒の赤カビ 自主回収へ

 

 ペットフード大手、日本ヒルズ・コルゲートは、太り気味の成犬用のエサ「サイエンス・ダイエット」の一部製品に、嘔吐や食欲不振を引き起こすカビ毒が含まれているおそれがあるとして、自主回収すると発表した。

 

 自主回収の対象となるのは、賞味期限が来年10月の「サイエンス・ダイエット ライト肥満傾向の成犬用」(6.5kg)。一部製品の中に赤カビを発生させるカビ毒の「デオキシニバレノール」が含まれている可能性が高まった。

 

 同社では「短期間に嘔吐や食欲不振をまねくおそれがあるが、素早く代謝されるため、犬の健康に影響を及ぼす可能性はほとんどなく、フードに触れることで人体への危険性はない」と説明しているものの、デオキシニバレノールが含まれた食べ物は、風味が悪く、食べると胃腸炎や下痢などの中毒症状を引き起こし、深刻な場合は免疫機能を抑制する場合もあるという。

 

 日本ヒルズ社は、購入者に対し、該当製品を着払いで送ると、郵便為替で製品代金を返金するとしている。

 

【問い合わせ先と送付先】

日本ヒルズ・コルゲートお客様相談室

電話:0120-211-311

受付時間:平日午前9時半から午後4時(年末年始を除く)

〒354-0021 埼玉県富士見市鶴間1-24-3

日本ヒルズ・コルゲート ライト係

 あなたにオススメの記事