防犯

帽子の下はハゲ・歯抜け!児童相手に「おっぱい大きい」セクハラ発言 荒川区

 ハリウッドの大物プロデューサーに対する告発を契機に、世界的にセクハラへ厳しい目が向けられるなか、東京・荒川区の公園ではきのう、幼い小学生の女の子に対し、「おっぱい大きい。お尻大きい」などと、真昼間からセクハラ発言を繰り返す初老の男が現れた。話しているうちに興奮したのか、帽子とマスクを取ったら、頭頂部がハゲていて、前歯がなかったという。

 

 不審人物が現れたのは、20日午後3時10分ごろ、荒川区町屋5丁目の公園で遊んでいた小学生の女の子に、初老の男が近づき、ジロジロとぶしつけに眺めたのち、小学生に対して「おっぱい大きいね」と話しかけた。

 

 女の子が戸惑っていると、男はさらに「お尻大きいね」などとセクハラ発言を繰り返し、挙げ句の果てには「学校はどこなの?」と身元を聞き出そうとしたという。

 

 不審な男は、年齢65〜70歳くらい、身長160センチ前後、中肉体型で青いジャンパーを着て、紺色のジーンズを履き、ベージュの帽子をかぶった状態で近づいてきたが、話しているうちにベージュの帽子とマスクをはずしたことで、頭頂部に毛がなく、前歯も抜けているという、かなり特徴的な容貌であることがわかった。

 

 現場は荒川区と足立区の境界で、都営アパートや区立住宅が立ち並ぶ団地街で、警察がパトロールを強化している。



【問合せ先】尾久警察署 03-3810-0110(内線2812)

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事