政治

麻生氏ナチス発言「誤解されてると進言」官房長官

 麻生太郎副首相兼財務相の憲法改正についての発言をめぐり、「ナチスの手口を例示している」などと内外から反響を呼んでいる件について、菅義偉官房長官は1日午前の記者会見で、昨日、本人に対して電話で「誤解されていますよ」と進言したことを明らかにした。

 

 同会見で菅官房長官は、「誤解されているって言ったら、本人は『まったくそんな意図はなかった』ということで、『それだったら撤回したい』とのことでした」と電話でのやり取りについて説明。

 

 また麻生副首相の発言の真意については、「本人の意図としては、静かな状況の中で憲法論議は進めたいということだったろうと思うが、ただ例示が誤解を与えた」としている。

 

 さらに菅官房長官は、「安倍内閣としては、ナチス政権を肯定的に捉えることは断じてない。わが国は戦後一貫して平和と人権を徹底的に擁護する社会を築き上げ、国際社会に貢献してきた。今後もその方向性はまったく変わらない」との政府の姿勢を強調している。

 あなたにオススメの記事