防犯

ヘンタイも仕事始めか?「見て見て」自転車露出男が寒風の中を疾走中 足立区

 東京・足立区できょう午後、自転車に乗った男が「これ見て、これ見て」などと言いながら、下半身を露出する事件が発生した。

 

 5日午後1時半ごろ、足立区西綾瀬3丁目付近で、自転車に乗った男がジーンズから男性器を露出させた状態で、「これ見て、これ見て」と盛んにわめき立てながら、通行中の小学生に接近した。怖くなった小学生は大声で叫びながら助けを求めると、男は自転車でいずれかの方向に逃走した。

 

 目撃者によると、犯人は年齢30代、髪は染めておらず短く、痩せていて、紺色のジーンズを履いており、カゴ付きの自転車に乗っていたが、どんな上着を着ていたかははっきり覚えていないという。警察が公然わいせつ事件として犯人の行方を追っている。

 

 現場はJR常磐線「綾瀬駅」と東武スカイツリーライン「五反野駅」の間に位置し、小菅の東京拘置所にも近い。

 

 足立区では11月から12月にかけても、自転車に乗った男が「見て見て〜」などと言いながら、下半身を露出する事件が相次いで報告されている。

 

【問合せ先】綾瀬警察署 03-3620-0110(内線2163)

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事