防犯

こんなお年玉は不要!「すみません、ちょっと見て」謝りつつ露出 大田区で相次ぐ

 4日午後、東京・大田区で2時間の間に1.5キロほど離れた場所で2件の公然わいせつ事件が相次いだ。いずれも「すみません、見てほしいんです」などと声をかけて近づき、被害者が振り向くと下半身を露出する手口が共通している。

 

 ひとつめの事件が発生したのは4日午後3時半ごろ、大田区東馬込1丁目の堂寺児童公園で遊んでいた小学生が、近づいてきた面識のない中年男から「すみません、ちょっと見てほしいんですけど」などと声をかけられた。

 

 その2時間後には公園から1.5キロほど離れた大田区中央8丁目で、通行人の女性が見知らぬ男から同様の手口で声をかけられ、振り向くと、手提げバッグで隠していたズボンの前部分から、男性器を露出していたという。

 

 いずれの犯人も、年齢は30〜40代、身長170〜175センチくらいで黒縁のメガネをかけている点が共通しているが、1件目の目撃者は「茶色のロングコートを着て、黒いスラックスを履いていた」と証言し、2件目では「髪は短く、中肉体型でベージュの手提げバッグを持っていた」と報告されている。

 

 警察は同一人物の可能性もあると見て、犯人の行方を追うとともに、付近のパトロールを強化している。


【問合せ先】池上警察署 03-3755-0110

 

■この記事はメール警視庁からの情報を元に、ハザードラボで編集したものです。

 あなたにオススメの記事