リコール

韓国製の電熱手袋 バッテリーから出火 約6700セット回収へ

 オートバイ用品を扱うコミネ(東京・葛飾区)が韓国から輸入・販売した電熱手袋用のバッテリーから出火する火災があったとして、同社は5日、バッテリー約6700セットと充電器をリコールすると消費者庁と経済産業省に届け出た。

 

 リコールの対象となるのは、コミネが2013年9月から昨年11月まで販売した電熱手袋「エレクトリックヒートグローブ・キケロGK-777」の付属バッテリー「GK-787」と充電器のセット5965セットと、オプション品として販売されたバッテリー669セット及び充電器72個。

 

 消費者庁によると2014年12月、愛知県内で充電中にバッテリーから出火する火災があった。原因はリチウムバッテリーの内部ショートだと推測されているが、焼損が激しいため特定はできなかったという。

 

 コミネは5日、事故の再発防止を図るため、対象バッテリーと充電器の使用をただちに中止し、無償で製品交換を行うと発表した。

 

【この件に関する問い合わせ先】

コミネGK-777電熱グローブお客様係

フリーダイヤル:0800-600-0101

受付時間:平日午前9時〜午後4時

 あなたにオススメの記事